サービス開始までの流れ

訪問看護をご利用いただける方

病気や怪我、障がいなどにより、ご家庭内での療養が必要な方、療養を受けながらご自宅での生活をご希望される方、また、主治医の指示やケアプランで訪問看護が必要とされた方となります。

説明ポーズの看護師画像

ご利用者様によって様々なケースがあります。
まずは、お気軽にご相談ください。

訪問看護を受けるには?

訪問看護は、病院などと同じように保険が適用され、少ない自己負担で利用できます。 介護保険・医療保険のどちらかがご状況によって適用されます。
なお、訪問看護の開始には主治医の先生から交付される「訪問看護指示書」が必ず必要となります。
ポイントを示す看護師画像

サービス開始までの流れ

  • 1.相談

    訪問看護のご利用にご興味がある場合は、主治医・ケアマネジャー・訪問看護ステーション・入院している病院等にまずは相談してください。
    こうした中から訪問看護を勧められる場合もあります。
    誰に相談したらよいかわからない場合は、遠慮せず訪問看護ステーションにご相談ください。
  • 2.連携

    主治医やケアマネジャー(介護保険の場合)に連絡をとり、訪問看護指示書やケアプランなどを作成していただきます。
    介護保険の場合、要介護認定も必要です。これらの手続き上、自治体からの調査や主治医の診察などが発生する場合もあります。
  • 3.契約

    ご本人またはご家族の方に訪問看護ステーションからサービス内容をご説明し、契約を結びます。
  • 4.利用開始

    訪問看護サービスの利用後も、関係者と常に連携し、定期的にご利用者様の状況やその後のサービスの方向性について打ち合わせを行いますので、ご利用についてのご要望などはお気軽にいつでもお伝えください。